LAMPE GRAS 205 RAVEL HAMMERED GREEN 1960'S ORIGINAL VINTAGE (No.L9)
5ead3a2f72b9114c5557210b 5ead3a2f72b9114c5557210b 5ead3a2f72b9114c5557210b 5ead3a2f72b9114c5557210b 5ead3a2f72b9114c5557210b 5ead3a2f72b9114c5557210b 5ead3a2f72b9114c5557210b 5ead3a2f72b9114c5557210b 5ead3a2f72b9114c5557210b 5ead3a2f72b9114c5557210b 5ead3a2f72b9114c5557210b

LAMPE GRAS 205 RAVEL HAMMERED GREEN 1960'S ORIGINAL VINTAGE (No.L9)

¥0

送料についてはこちら

SOLD OUT

1921年フランスの発明家、ベルナール・アルバン・グラによって誕生したランプ。ネジや溶接を一切使用せず、角度や方向を自在に変えられるボールジョイントは当時とても画期的であった。 有名建築家のル・コルビュジエを始め、アンリ・マティスやレオナール・フジタなど先見の目を持った芸術家達が愛用していた事でも知られている。 この205は、GRASの中でもトップクラスの人気で実用度が高いモデルです。基本的に卓上で置いて使うシンプルなランプですが、アームやシェードの角度が色々動かせるので、光の多様性を得ることが出来ます。この特殊な色のハンマーグリーンはグラの晩年期(60年代)に、ミッドセンチュリーの波から消えかかった際に残っていた物を、このカラーで塗装したとされている為、そもそも生産数が極めて少ないレアカラーなのです。 「学びのタネ/アヴァンギャルド」 この色に塗られた60年代は家具でいえばミッドセンチュリーやらアメリカのポップアートやら音楽などの新しい芸術が盛んになった年代とも言えるでしょう。おそらくフランスのランプは当時かなり時代遅れな印象があったのでしょうか。周りは色を多用していくカルチャーになる中で、グラの最後の悪あがきと言っても過言ではないアプローチだったのかもしれません。しかしグリーンといっても原色ではなく、落ち着いたエメラルドグリーンになるあたりがフランスのエスプリ的アヴァンギャルドを感じさせます。 古い時代の製品のため、風合い、傷等は写真の通りですが、使用上には全く問題ありません。点灯やスイッチも問題なく作動します。電球と日本用のコンセントの変換をお付けします。ソケットはヨーロッパの口金サイズB22です。(推奨は40ワット程度の白熱電球)インターネットや東急ハンズ、ホームセンターなどでお取り寄せが可能かと思います。半世紀以上の時を経たヴィンテージ品である事をご理解頂ける方のご購入をお勧め致します。直接商品をご覧になりたい方は、お問い合わせメールから連絡お待ちしております。 Model / 205 Reflector / 1054ノーマルリフレクター Socket / B22D Maximum watt / 40w Arm length / 35cm+17cm Shade size / φ14cm